ホーダラ城 (ホフダラ城)

ホーダラ城

カルマル戦争とスコーネ戦争を生き延びた城

ストックホルムから南西方向に約500キロメートル、スウェーデン第三の都市「マルメ(Malmö)」があるスコーネ地方(Skåne)の北寄りにヘスレホルム(Hässleholm)という人口二万人弱の町があります。ヘスレホルムは、ストックホルム-マルメ間を結ぶ鉄道建設に伴って1860年から徐々に発展した町。それ以前は静かな荘園が広がる貴族の領地であったという場所です。そのヘスレホルムの一画にあるのが、今日ご紹介するHovdala Slott(ホーダラ城・ホフダラ城)です。

現在目にすることができる構造は16世紀頃に建てられたものといわれますが、はじめて文献に登場するのはさらにさかのぼる事400年ほど前の1130年頃。ラクスマン家、グルッベ家、デンマーク軍の将校イェンス・ミケルセンとその所有者を変えながらも、美しい自然の中に静かにたたずみ、歴史の証人となっていきます。中でも大きな出来事は、「カルマル戦争(スウェーデンとデンマークがカルマル地方を巡って争った戦い。1611年から1613年にかけて勃発。)」と「スコーネ戦争(かつての領土であるスコーネ地方の奪還をもくろんだデンマークとスウェーデンが争った戦い。1675年~1679年)」。城はスウェーデン軍に包囲されたり、デンマーク軍から侵攻を受け、破壊、焼打ちにあったりと、まさにスウェーデンとデンマークのかつての激動の関係性を体現するような存在でした。

結局、先述のミケルセンは、デンマークからスウェーデン王室に鞍替えをし、エーレンボーグと名乗るようになりました。城と領地は1944年にスウェーデン国家に没収され、城の前の土地は軍事訓練の場として使われていましたが、エーレンボーグ家の居住は許され、それは1981年まで続いたそうです。

1993年には城の修復が行なわれ、一般公開されるようになり、現在はガイド付きツアーも開催されています。


冬のHovdala Slott

 
 

ホーダラ城 (ホフダラ城)の行き方

飛行機で

スウェーデン ストックホルム—スウェーデン エンゲルホルム 直行便 (3–12 便/日) 1 時間 5 分。
エンゲルホルム空港から車でE4 と ルート 24 経由約1時間。
またはエンゲルホルム空港からバスを乗り継ぎ2時間40分。(Ängelholm Helsingborg Airport バス270Ramlösa station 9 分 (途中停車駅なし) Ängelholm Polishuset 徒歩約 3 分 Ängelholm Bruksgatan Östra バス 511Hässleholm Centralstation 1 時間 13 分 (39 駅) Hässleholm Central Station 徒歩約 3 分 Hässleholm Fisktorget バス Tormestorp Spraglerödsvägen 16 分 (13 駅) Tormestorp Spraglerödsvägen 徒歩約34 分(2.8 km )

鉄道で

ストックホルム中央駅から鉄道で約5時間。ストックホルム中央駅から鉄道に乗り約4時間でヘスレホルム中央駅へ。すぐそばにあるバス乗り場からバスに乗り換え、約20分、Tormestorp Spraglerödsvägen下車。下車後徒歩30分。

レンタカーで

ストックホルムからルート 75、E4、ルート 117経由 約4 時間 36 分(476 km)

ホーダラ城(Hovdala slott):基本情報

所在地Hässleholms kommun, Kulturförvaltningen, Hovdala slott, 281 80 Hässleholm
アクセスストックホルム中央駅から鉄道とバスで約5時間。
料金大人   小人  
時間1,2月 閉鎖。(公園と庭園は一年中観光客に開放されています。) 
3月19日から 日曜日11:00〜17:00 4月 火曜日 – 金曜日と日曜日11:00〜17:00
4月13〜17日11:00〜17:00 5月〜9月 火曜日 – 日曜日11:00〜17:00 
10月 日曜日11:00〜17:00 11月 日曜日11:00〜17:00 
12月 火曜日 – 金曜日と日曜日11:00〜17:00
12月17日以降、3月まで閉鎖されます。(公園と庭園は一年中自由に公開されています。)
休み12月中旬~3月中旬までクローズ(日付は年により変動するので施設に要問合せ
見学時間の目安2時間
事前予約
駐車場あり
ウェブサイト公式ウェブサイト

ホーダラ城:地図

現在地
ルートを検索