2024年4月12日
北欧 一般

北欧のデザイン 北欧の物たち

公開日:2007年1月29日   最終更新日:2019年5月13日 Hokuo Guide

北欧デザイン イメージ

家やビル、公共施設、交通システム等の建築物、建設物から、家具、服飾、生地、食べ物のパッケージや食べ物それ自体に至るまで、私たちの生活はデザインに囲まれています。

北欧がデザイン大国であるのはご存知の通り。どの国に行っても、驚くほどに洗練されたもの達で溢れています。レストランやホテル、デパート、ブティックは勿論のこと、公園や地下鉄や、それこそ道路の標識に至るまで、感心させられるものが沢山。見た目だけではなく、実際の使用感がいいのも特徴。

個人個人のデザインに対する意識が高いのでしょう。例えば、北欧の家々は、日本人の目からするとびっくりするくらいに、道に面する窓から中が丸見えです。出窓の部分だけ見えることもあれば、部屋の中まで丸見えのことも。
昼間であればいざ知らず、夜でもそのままであったりするのです。それも一つの慣習なのでしょう。そして、それぞれの家々の窓は、これまたびっくりする程どれも洗練されていて素敵なのです。飾り立てすぎもせず、シンプルながら、的確に、時に斬新に。

家そのもののカラーリングや形状とあわせ、まるで一枚の素敵な絵を見ているような光景が、そこかしこに繰り広げられています。人のいない雪の夜道を歩いているときなど、お伽の国に迷い込んだのかと思うほど。子供の頃からこのような風景を目にして育ち、様々なセンスのよいもの達に囲まれて育つと、感覚は自然に身についていくのでしょうか。