2024年6月26日
スウェーデン北欧の風景

冬のスウェーデンの風景

公開日:2019年12月16日   最終更新日:2023年5月26日 Hokuo Guide

冬の朝の風景

スカンジナビア半島の中部~東部に位置するスウェーデンは、ヨーロッパでは5番目、北ヨーロッパでは最大の面積を誇る国。国土の約69パーセントは森林で占められており、そのほか約95,700もの湖沼が存在する森と湖の国です。

そんなスウェーデンは12月~3月頃まで、南部の地域を除いてほぼ雪に覆われる厳しい寒さの冬となります。

首都ストックホルムでも1月の平均気温はマイナス1度~マイナス5度。北部のキルナでは1月の気温は最低平均気温でマイナス20度を下回ることもある、まさに極寒の地域です。

一方で、そんな寒さだからこそ見る事の出来る、白や青を基調とした透明感のある絶景に、そこかしこで出会える季節でもあります。凍てつく寒さの中で見る朝日に煌めく樹氷などは本当に感動的。

というわけで、今日は冬のスウェーデンの美しい風景の数々をご紹介しましょう。

スウェーデンの冬の風景

冬のストックホルム ガムラスタンの風景

スウェーデン南部のスコーネの冬の風景

スウェーデン第4の都市ウプサラの冬の風景

冬のウプサラ

キルナから車で約三十分ほどの場所に位置するユッカスヤルビのアイスホテル

冬のヨーテボリの風景

スウェーデンのラップランド地方ムッドゥス国立公園で見るオーロラ

スウェーデンの冬の森の家

冬のヴィスビーの風景

冬のシグトゥーナの通り

キルナとフィンランドのロバニエミを結ぶ道で見る冬の朝焼け

シグトゥーナの市庁舎

冬のウプサラ

冬のシグトゥーナ

冬の朝のヴィスビーの風景

冬のルーレオ冬のルーレオ
冬のキルナ オーロラの風景冬のキルナ オーロラの風景
冬のスウェーデンの風景
冬のシグトゥーナの風景