冬のベルゲンの風景

冬のベルゲンの風景

ノルウェー 冬のベルゲンの風景

北緯60度にあるノルウェー第二の都市ベルゲンは、世界遺産になっているベルゲン旧市街の倉庫群ブリッゲンをはじめとする歴史的な建物が点在する美しい町。フィヨルドの玄関口として、ヨーロッパをはじめとする世界中から観光客が訪れる場所です。周囲を山と海に囲まれた自然豊かな所である一方、1217年~1299年まではノルウェーの首都であり、その後もハンザ同盟の都市となり、ハンザ商人が拠点を置くなど、歴史的にも重要な役割を担ってきたこともあって、幾度もの大火に見舞われながらも市内のそこかしこには長い町の歴史の痕跡が残されています。今日はそんなベルゲンの美しい冬の風景をお届けします。