2024年4月12日
アイスランド

アイスランドの道路事情と羊達

公開日:2021年10月2日   最終更新日:2024年2月12日 Hokuo Guide

アイスランドの羊達とアイスランドで運転する際に気をつけること

アイスランドの道路を運転していると羊によく出会います。それも牧場の柵の向こう側にいる、というのではなくアイスランドの羊達は平気で車道に出て来るのです。

アイスランドの道は、町から少し走るとすぐ荒涼たる原野のただ中になることも少なくないのですが、その上、道路と道路でない所を区別する「柵」などもないところが多く、車道と原野の境目がわかりやすい形で存在しない所も多いのです。(場所にもよります)それゆえ、羊達にとっては、どれが道でどれが原野で、どれが岩山だかあまり区別がなくても不思議はないわけです。

彼らにしてみたら、気の向くままに歩き回り、美味しそうなごはんがある場所なら、どこでもよいのでしょう。道の真ん中だろうが、思い立ったら立ち止まり、寝そべり、草をはみはみしている訳です。

人間はそこを通らせて貰う訳なのですが、アイスランドは郊外に出てしまうと車も少なく、場合によっては二、三十分くらいは誰ともすれちがうこともないような道も多いので、地元の人はかなりのスピード(体感的には時速100キロメートル前後。制限速度は下に記載してあります。)で走っていて、その感覚で車を走らせていると、突然丘を越えたむこうに羊たちの集団がいたりして、ひやりとすることもしばしばです。

実際に交通事故も多発している模様。

何度か「ひやり」を繰り返すと、次第にアップダウンのある箇所など事前に心の準備をするのであまり驚かなくなるのですが、「ひやり」とはしなくなっても今度は別の問題が発生します。

そう、マイペースな彼らは全然動じないのです。おとなしく草を食んでいる羊たちを驚かせてしまうことはこちらの本意ではなく、クラクションは鳴らしたくないのでそろそろっと近づくのですが、結構な距離まで近づいても、羊たちはこちらをちらっと見たあとに又、草を食べ始め、全然道をゆずってくれなかったりする訳です。

辛抱強く待つしかありません。邪魔者はこちらかもしれない訳で・・・。

そんなこんなのアイスランドの羊と道路事情ですが、とにかく風景の美しいアイスランドは運転が好きなら最高に楽しいドライブが期待できます。安全運転を心がけ、楽しい旅にしてくださいね。

舗装されて走りやすい上に車の少ない道はつい飛ばしたくなりますが、制限速度内で安全運転をしてくださいね。ちなみにアイスランドの制限速度は一般に、市街地は時速50キロメートル、舗装されている郊外の道は時速90キロメートル、未舗装の道は時速80キロメートルとなっています。郊外の道では飛ばしていることの多いアイスランドのドライバーも、市街地に入るときっちりと50キロ前後に落として安全運転をしている人が殆どです。視認性向上の為、アイスランドでは昼夜を問わず車のヘッドライトは常時点灯が義務。日本同様、ドライバーのみならず、助手席、後部座席もシートベルト着用義務があります。

真冬のアイスランドの道路は、コンディションが悪いことも多いので、冬道に慣れている方も特に気を付けて運転してください。冬は夏場以上に余裕を持った行動計画がおすすめです。内陸の道などは冬期封鎖(早い所だと10月頃から翌年春まで封鎖)されていることが多いので事前にチェックが肝要です。

参考リンク:アイスランド道路交通局(英語)

アイスランドの羊たち